Gregory Igehy

Dancing at hemisphere coordinate

Parameters for atmosphere scattring

  • 大気散乱関係のパラメータのメモ
  • 地球の地表の半径 : 6360 * 10^3 (m)
  • 地球の大気の半径 : 6320 * 10^3 (m)
  • 地球の大気の層の厚さ : 60 * 10^3 (m)
  • レイリー散乱用のスケール高さ : 地表から 8.0 * 10^3(m)
  • ミー散乱用のスケール高さ : 地表から 1.2 * 10^3 (m)
  • Scatter でよく出てくる式が y = exp( - x )
    • x = 0 で, y = 1
    • x = 0.1 で, y ≒ 0.9048
    • x = 0.125 で, y ≒ 0.8825
    • x = 0.25 で, y ≒ 0.7788
    • x = 0.5 で, y ≒ 0.6065
    • x = 0.75 で, y ≒ 0.4724
    • x = 1 で, y ≒ 0.3679
    • x = 2 で, y ≒ 0.1353
    • x = 3 で, y ≒ 0.0498
    • x = 4 で, y ≒ 0.0183
  • 粒子の大きさ r と波長 λの比率である r/λによって, 下図のようにスキャッター効率 Qsc が変化する

f:id:gregory-igehy:20150513212149j:plain

  • レイリー散乱( r < 0.05 λ)
    • 粒子の大きさが小さい場合( r/λ )はスキャッター効率 Qsc は 2 乗で増加し, r^2 に対しては 1 / λ^4 で比例
  • ミー散乱( r ≒ λ )
    • 粒子の大きさがまちまちなので, Qsc = 2 で近似してしまう

Reference

広告を非表示にする